2018年の暗号の総時価総額の低下は2014年よりも悪い

by cryptojimusho
114 views

2018年のすべての暗号の時価総額のピークからローへの低下は、実際には2014年よりも大きくなっています。金額だけでなく、パーセンテージも低下しています。

  • 2018年:約8,200億ドルから1,200億ドルへの減少(上限の約7分の1…これまでのところ)。
  • 2014年:約150億ドルから30億ドルへの減少(最高額の上限の約1/5)。

上のグラフを見ると、時価総額が2013年から以前のレベル(約10億ドルから15億ドル)に近づくことはなかったことがわかります。 実際、2013年11月の水準で底を打ちました。

一方、2018年には、すでに2017年8月のレベルに戻っています…そして、それがどれだけ先に進むかは誰にもわかりません。

データをどうすればよいか100%わかりませんが、注目すべき違いの1つはICOです。

2013年後半には、時価総額が過去最高のaltが多く、2018年と同じようにその価値の90%以上を失いましたが、当時は新しいコインが大量に出現することはありませんでした。

一方、2017年後半から2018年初頭にかけて、時価総額が過去最高のICOから大量の新しいコインがありました。

2013年から2015年のバブルの底までにcoinmarketcapに485枚のコインがあり、2018年11月27日には現在2,072枚を超えていると考えてください。

したがって、この衰退が大きくなることにはいくつかの論理があります。 増加に値しないランダムなalt「ムーニング」が多い場合は、バブルの反対側で合計キャップが大幅に減少することを考慮してください。

このように考えると、BTCとETHの2つのコインしかなく、BTCの上限が80%低下し、ETHの上限が90%低下した場合、合計の上限は85%低下します。

ただし、すべてが99%低下した100個のトークンを追加すると、合計上限は99%近く低下する可能性があります(他のコインは、膨大な数の力によって平均を引き下げます)。

とはいえ、上記は純粋な憶測です。 それはある意味理にかなっていますが、2017年から2018年のコインの割合が2013年から2015年よりも低品質であるという考えに基づく理論です…そしてそれが実際にそうなるかどうかはわかりません。パターンの違いを説明します。

最後に、時価総額の分析に関するもう1つの問題があります。つまり、2013年4月以前のデータが見つからないため、たとえば、以前のパターンを比較することはできません。

確認する必要のあるイベントのインスタンスが少ないほど、イベントのセット間の類似点と相違点が少なくなり、有用なことがわかります。

とにかく、ここのポイントは同じです。 本当に意味がありません。 2つの期間の時価総額の類似点と相違点を指摘し、いくつかの考えを示しています。 それをあなたがするものにしてください😀



cryptojimusho.com Team

Có thể bạn thích xem

Leave a Comment